2012年5月アーカイブ

日食

世の中、金冠日食といって大騒ぎ。

 

もともと斜めの人間なので、斜めに見ています。

 

ついさっき、一番太陽が欠けていました。

外に出ると、光という物質も減るせいか、気温もヒンヤリ。

こういうときこそ、太陽の有難さを感じるときであるべき。

それなのに、世紀の一瞬といって大騒ぎ。

 

日食とは、呼んで字のごとく、日が食われること。

日が食われる訳ですから、普通でない。

今度は、66日に金星が太陽を少し食すらしい。

太陽の恵みがこんなに何度も食されるとは・・・。

 

今年は、すごいことが起きると言っている人がいますが、本当に何か起きるのかもしれません。

 

こんなことは?

特別な理由は無いのですが、サボっていたブログ再開。

 

流石にあきれる。

何がというと、昨日の会見。

 

いわゆる事業再生というような仕事を割としています。

事業再生とは簡単に言えば、会社を切ったり貼ったりして、なんとか存在価値がある会社に組み直していくこと。

当然、その過程では関係するいろんな方々の協力を貰い、かつ、迷惑をかけながら、進めていきます。

特に、たくさんお金を貸し込んでしまっている人たちのそろばん勘定が中心になってくるわけですが、人の本音、思惑、人情、義理、建前、立場等が入り混じった味わい深い世界が展開されます。

いずれにしても、間違いなく言えるのは、残してもらえる会社だけが再生できるということ。

 

そんなシャバの実態からすると、全く、理解不能なのが昨日の東電新社長の会見内容。

 

乱暴な話ですが、こんな会社は再生価値がないので、一度つぶし、電力会社と配電会社に分けた上で、事業意欲と経営能力がある会社に買い取ってもらうというのが一般的な再生スキームではないかと考えます。

7月には、1兆円の税金投入の後、国有化される予定とのこと。

その上、値上げ。

 

また、みんなの資産がどぶに捨てられるのか?

新着ブログ

のじブログメニュー

サービス案内FAQ会社案内プライバシーポリシーリンク集人材採用お問合せ