2013年7月アーカイブ

良い会社とは

2013年、早くも半年過ぎましたね。

各社、各人、目標達成度合いは如何でしょう?

 

アベノミクスなるものの影響も各社各様だと思いますが、

そういった外部環境の影響とは関係なく、いわゆる良い会社

あるいは強い会社というのがあります。

こんな商売を長いことやっていると、そういう会社の共通点が見えてきます。

 

それは何か?

拍子抜けするくらい当たり前のことなのですが、次の3つの要素です。

1.売るものがある

2.それを買ってくれる人がいる

3.上記1.2.を会社のオペレーションにしっかり落とし込んでいる

 

当たり前すぎてピンとこないかもしれませんが、いまいちの会社さんは、

1.商品がしゃばズレしてたり

2.商品が良くても、お客さんを探していなかったり、(マーケティングしてない)

3.会社のオペレーションを確立していないので、商機を活かせなかったり、

ということがよくあります。

ですが、よい会社は確実に、かつ、時流にあわせて先の1.2.3.を

こつこつと実践されています。

しかも、これら要素は、掛け算になっていますので、それぞれの要素が高いと

他社よりも、あたま一つ、二つ抜けて成果が出てきます。

 

わかったようなことを申し上げました。(焦)

半年経過、自身の棚卸のご参考にでもして頂けたら幸甚です。

 

 

長野税理士法人 野路美徳

新着ブログ

のじブログメニュー

サービス案内FAQ会社案内プライバシーポリシーリンク集人材採用お問合せ