2015年10月アーカイブ

マイナンバー

今日は、マイナンバー関係です。

 

シルバーウィークなるものを利用し、エストニアという国に行って来ました。

知られていない可能性もある小国ですが、なぜ、こんなところに行ったのか。

実はこの国、「電子政府」の先進国なのです。

 

税理士業界の視察研修で行って来たのですが、

10年先を行っている国を見ておきましょうという」という触れ込みも大げさではなく、

大変、実りの多い研修でした。

政府が個人に背番号を付し、

その番号のもとに一元的に情報管理を進めるとどうなるか!?

そのことが既に現実のものとなっているこの国では、想像以上のことが起きていました。

ただ、それ以上に感心したのは、そのことを推し進めた為政者の見識と手腕です。

 

エストニアという国の概要は、下記のとおり。

面積 北海道程度

人口 約130万人

一人当たりGDP 約14,000ユーロ(2013年)

1991年に旧ソ連から独立

 

ご覧のとおり、かなりの小国です。しかも、旧東側の体制だったわけです。

この小国が西側経済に入り、一つの国として、生業を立てていくにはどうするか。

そこで彼らが出した答えが、「IT国家の樹立」という一点突破戦略でした。

2002年ころからスタートしたそうです。)

この戦略が見事にはまり、今では、確立したノウハウを近隣諸外国にまで売っています。

 

「限りある資源を集中配分し、勝機を見出す」という意味では、

中小企業経営の一つのお手本ではないかと、深感しました。

 

きりがないので、今回は、この辺で。

 

 長野税理士法人

 野路 美徳

新着ブログ

のじブログメニュー

サービス案内FAQ会社案内プライバシーポリシーリンク集人材採用お問合せ