2016年4月アーカイブ

「人材」から「人財」へ

春ですね。

また、いわゆる新年度でもあります。

 

新年度というと、新人。

この新人を単なる「人材」から「人財」にどう変えていくか。

これができる会社とそうでない会社は、会社力に大きな差が出ます。

(当たり前ですが・・・)

 

大企業の場合、しっかりした教育プログラムがあり、ある程度仕組みとして

「人財」に変えていく機能があります。

しかし、中小企業の場合、なかなかそうはいきません。

多くの場合は、社長の好き嫌いと感情論でことが進められていきます。

(恥ずかしながら、うちもそうです。)

 

この間、「なるほどな」ということをある中小企業の社長さんから教えていただきました。

この会社は、かなり人造りがうまい会社なのですが、改めて、

コツはなんですかとお聞きしてみたところ出てきた話です。

それは、「お客と思え」というお言葉でした。

 

つまり、社員への接し方とお客さんへの接し方を同じくする。

別の言い方をすると、新規に営業する際の気遣いで社員教育に当たると

いうことだそうです。

 

賛否がある話だと思いますが、目から鱗でした。

好き嫌いと感情論で社員に接しがちの方は、

一度、お試しなってみては如何でしょう。

いぶかしがられるかもしれませんが・・・(笑)


長野税理士法人

野路美徳

新着ブログ

のじブログメニュー

サービス案内FAQ会社案内プライバシーポリシーリンク集人材採用お問合せ