「良い言葉」=「良い振動」

 

今日は、言葉の話です。

 

言葉は、エネルギーです。

物理的な表現をすると、「振動」だそうです。

振動(波動)は、言葉を発した本人を揺らします。

また、言葉を受けた人たちも揺らします。

 

さて、その揺れ方に「質」があるとします。

さらに単純化して、「良い振動」と「悪い振動」に分けてみます。

一般的には、悪いより良いが多数派でしょうから、

良い振動に軍配が上がるはずです。

 

では、良い振動を出している人は多いか?

どうも、そうでもなさそうです。

例えば、「ありがとう」。

ドアを開けてもらったとします。

多くの方が使う言葉が「すみません」。

これを「ありがとう」に変えるだけでも

自分も相手も揺れ方が変わるはずです。

 

良い会社さんは会社に入っただけで大体わかります。

やはり、「良い言葉」=「良い振動」が多いです。

なので、自分も揺さぶられます。


長野税理士法人

野路美徳

新着ブログ

のじブログメニュー

サービス案内FAQ会社案内プライバシーポリシーリンク集人材採用お問合せ