不安を煽るやり口は・・・

 

ついこの間、「まったく、その通りだなぁ。」と思うことを

私が尊敬している人からお聞きしました。

 

その方曰く、

「人の不安心理をあおって商売してる人が多いよね。」

「そういうのはダメだよ。うちは絶対にやらないよ。」

(正確な表現は違いますが、要旨は合ってると思います。)

 

昔からこの手の不安を煽るアプローチはありますが、

確かにコロナ以降、増えているような気がします。

 

企業経営に当てはめると、

「こうなったらどうするんですか?

それに対するリスクをどうヘッジするのですか!」

というような具合で、商売を進めるやり口です。

(言っている方は、本気で心配しているのかもしれませんが・・・、)

 

こういうことを言われると、やはり経営者は弱いです。

なぜかと言えば、当然、経営上のリスクは減らしておきたいからです。

ですが、この手のことが蔓延して、皆が同じヘッジ反応をする社会は

良い方向に向かうでしょうか?

 

それよりも、

・そのアイディアは面白いね。

・その方が確かに会社が良くなるよね。

・簡単じゃないけど、やってみる価値あるね。

・いいこと聞いた、やる気がでるよ。

・なるほどその手があったか、ありがとう。 

などなどの言葉が自然にもらえるような仕事の進め方ができれば、

間違いなく、社会が良い方向に向かうと思うのです。

きれいごとでしょうかね?

 

ですが、少なくとも自分は、その方の言葉に大きくこころを揺さぶられました。

 

ありがとうございます。

この場を借りて、御礼申し上げます。


 

長野税理士法人

野路美徳

新着ブログ

のじブログメニュー

サービス案内FAQ会社案内プライバシーポリシーリンク集人材採用お問合せ